東京ではこのところ、夏を思い出させるような陽気が続いています。 

せっかくの晴天の休日、どこかへ出かけようということで芸術の秋を気取って東郷青児美術館へ。
『最後の印象派』展が開催中です。
image


前衛的な現代アートは、凡人の私には少々難解で「???」となってしまうので、やはり分かりやすくて色彩の美しい作品に心惹かれます。
印象派の何たるかもきちんと知らないのですが、マネ・モネ・セザンヌなどの作風から、美しいパステル画や油彩画が多いことを期待して足を運びました。

◇◇◇まずは天然の風景画を◇◇◇◇


こちらの東郷青児美術館は西新宿のオフィスビルの高層階にあるため、眺めが最高です。
本日は快晴。
image

写真にはおさまっていないのですが右手に東京タワー、左手にスカイツリーが見え(こちらは映っています)、地平線も水平線もくっきり見えました。
絵画鑑賞の前に展望台にきた気分でいつもの街を遠くまで見張らすのも良いものです。

まずはここで心をほぐし、いざ展示会場へ。


◇◇◇「解っていない」者の鑑賞の醍醐味◇◇◇◇


私は絵心などまるでなく、美術史も絵画の技法も全く知りません。
画家の名前でさえ超有名どころしか知らないため
なんの蘊蓄も語れませんが、絵画を鑑賞することは大好きです。
(といってもそれも20代後半くらいからですが。)

美しい絵画を眺めていると、なんとも説明のし難い快感が頭から体のすみずみまで駆けめぐるのです。特に目に飛び込んできた瞬間息をのむくらい自分の感性にぴったりとはまる作品を目の前にすると、ほーっと静かに息を吐きながら、寄りで見て引きで見て、延々と眺めて、その作品が発する空気を全身で堪能する。至福の時間です。

このリラックス感と幸福感、快感の正体は何だろうとふと考えたとき、おそらくそれは「言葉を失う快感」もっと言えば「言語から解放される快感」ではないかと思います。


私たち人間は、日々あれやこれやと考え悩み判断しながら生きています。そしてその営みのほとんどは言葉によってなされます。口に出したり書き出したりせずとも、脳内には言葉が溢れています。

先ほど「目に飛び込んできた瞬間息をのむような」と書きましたが、まさしくその瞬間私の頭の中の通常の言語回路はストップし、真っ白になるのでしょう。そしてその「言語から解放される」一瞬が、私の脳と心と体をリラックスさせてくれる気がします。
つまらない人間関係の悩み、仕事のこと、家族のこと、あらゆる日常の煩悶からふっと自由になれる。


先述のように私は美術への知識が皆無です。なので、誰が誰に影響をうけたとか、社会背景とか、理解せずに眺めています。展示されている説明書きも斜め読みです(笑)
そういう意味では絵画を「解って」いません。「絵画鑑賞が好き」なんて言うとお叱りを受けるかも。

でもそれでいいと思っています。
どこかの時代のどこかの国で、誰かが何らかの感情を抱きながら丹精こめて描いた作品を、2015
年の東京で私が感性を全開にして堪能する。色彩や描線そのものも、作品全体にそこはかとなく漂っている空気も。
そして私なりの感銘をうけ、私なりの印象を抱く。
その間言語から解放され、頭も心も浄化することができる。


「解っていない」からこその、鑑賞の醍醐味とでもいいましょうか。左脳であれこれ考えないで済むのです。



◇◇◇言語から解放されるなら、ジャンルは何でもいい◇◇◇◇


これは何も絵画に限ったことではなくて、音楽でも、スポーツでも、美味しい食事でも、陶芸でも、没頭できて「言葉をうしなう」「言語から解放される」瞬間をもてることなら、何にでもあてはまります。
なんでも構いません。理屈抜きで夢中になれて、日常から少し離れられて、左脳じゃなくて右脳が回転する、そんな体験。


「最近頭の中ガチガチだな」と思うあなた、「言葉をうしなう」体験をぜひ。
筆舌に尽くしがたい体験は、筆舌に尽くそうとしなくていいです(笑) beyond descriptionなまま、頭と心が浄化される感覚を、味わってみてください。 
リラックスできて、その後は少し日々の煩悶を俯瞰できますよ。



ちなみに今回も、特に言葉を失った作品三点のクリアファイルや絵はがきを購入しました。家にいるときや作業中、ちょこっと浄化されて心が柔らかくなりますように。
  

ではでは今日はこの辺で
お休みのかたも、お仕事のかたも、良い一日を!