アラサーライター吉原由梨の 「ようやく大人 まだまだ女」

フリーライター/コラムニスト、吉原由梨のブログです。 Webサイトを中心に執筆しています。 都内の大学法学部卒業後、 ITメーカーOL→ 研究機関秘書職→ 専業主婦→ フリーライター兼主婦 日々感じること、ふとしたことからの気づきを綴っています。恋愛と結婚を含む男女のパートナーシップ、人間関係、心身の健康、家庭と仕事、グルメや読書の話など。美味しいもの、マッサージ、ふなっしー大好き。 Twitter:@yuriyoshihara こちらもお気軽に。

Twitter:@yuriyoshihara 

モテる

image
赤坂見附って知っていますか? 
東京以外の方はピンとこないかと思うので簡単に説明すると、東京メトロ(地下鉄)の駅名で、ビジネス街でもありますが、駅周辺はどちらかというと飲食店街、飲み屋街です。
歌舞伎町ほど巨大でも派手でもなく、渋谷ほど若くなく、六本木ほど猥雑でもなく、銀座ほどには高級でもなく。程々な大人感と色っぽさがありつつ気さくないい街です。
ランドマークは赤坂サカスのTBS、博報堂、ホテルニューオータニといったところでしょうか。

さて、タイトルで『酒と泪と男と女』的な恋愛物語を想像された方、ゴメンナサイ。そういうメロウなエントリではないんです。

ある女友達の恋の話。
彼女は才媛そのもの、整った顔立ちで、愛嬌もあり、男女ともに親しまれる人柄。あぁなんだか人生の表街道をいってるよなぁ……と会うたび思わされるなんともレベルの高い女性です。少し前に何人かで食事したとき、彼女の昔の恋の話になりました。
「あれ、あの時の彼氏と別れたのって、いつ頃だっけ?」
「夏頃、かな」
「え? じゃあ次の彼氏と付き合い始めたのは?」
「……夏頃(笑)」
あーーーーー、ね。みんな大人なのでそこら辺はニヤッと笑っておしまい。
そのときメンバーの一人がすかさず言いました。
○○ちゃんの恋は、赤坂見附だから

どゆこと??
(そのとき居たのは麻布十番。なんで突然赤坂見附がでてくるのか謎だった。)
数秒間みんなきょとーんとした後、合点がいって一気に爆笑。

赤坂見附駅を通る地下鉄は2線、銀座線と丸ノ内線です。
渋谷方面から東京や大手町、文京区方面に行く場合は、まず銀座線に乗って、赤坂見附駅で丸ノ内線に乗り換えます。
で、そのときの乗り換えが、ひとつのホームを挟んで両端に銀座線と丸ノ内線が走ってるので、とっても楽。ほとんど、ホームの向かい側で既に待ってる電車に乗るか、1分も待てばやってくる電車に乗ればいいだけ。

もうお分かりですよね。つまり、彼女の恋はいつも、ひとつの恋に終止符を打つときには次のお相手がすでに待っているか、少なくとも候補になりそうな人がいる、ってこと。それが、「○○ちゃんの恋は、赤坂見附だから」の意味です。
うまいこというなーと感心ました。

人によってはそれは不誠実だ、と思うかもしれませんが、まぁ恋愛なんて当事者にしか分からない事情があるし、実質もう関係が破たんしてて最後の泥仕合をしてるときに新しい人が現れた、という舞台裏もあります。形式的にはかぶってても、実質的にはかぶっていないというか。

いずれにせよ、
一方で恋愛の移り変わりを地下鉄の乗り換えにたとえてしまう友人の絶妙なセンスに脱帽し、他方でたとえられてしまった彼女の「赤坂見附っぷり」が羨ましいなぁと思ったのでした。
だってね、ニーズは途切れないほうがいいですよね。

GWに赤坂見附の街を歩いて、そんなことを思い出した今日この頃です。 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

夫はとにかく仕事が忙しく、平日は深夜にタクシー帰り、土日もほぼ毎週出勤または在宅仕事です。
今日も昼から職場に向かい、夕方家の最寄り駅で待ち合わせて二人で夕食の買い出しにいくことに。(私のささやかな楽しみ)

そのスーパーからの帰り道、
「なんかね、さっきTwitterでみたんだけど、女性は28-29歳がすごくモテて、30歳になるともっとモテるんだって。それで人妻になるとさらにモテるらしいよ!私30歳の人妻なんだけどなぁ…」
とぼやいたら、

「もててるやん!だって、俺がゆりのこと好きで、その俺が365日一緒にいるんやから、それはもててるってことになるんじゃないの?俺一人でかなりの人数分のパワーやぞ!」

と言われて、おぉそうくるかと。
多分Twitterに書かれてたのはそういうことじゃないけど(笑)
夫の言うこともわかります。

7月は、結婚披露宴をした思い出の月。3年前の7月に、ウェディングドレスを着ました。
挙式は家族だけでその半年ほど前にすませたので、挙式・入籍からはあと数ヵ月で4年経ちます。

まだまだ歴史の浅い夫婦ではありますが、4年はひとりの異性に飽きるにはおそらく十分な長さ。その月日を経てもなお、そんな風にいってくれる夫の気持ちが、じんわり嬉しくて心に染みてちょっと一人でこっそりニヤニヤしました。

今夜の献立は
鶏肉とキノコと野菜のトマト煮込み
ゆでブロッコリー
豆腐と納豆とアボカドのサラダ
さつまいもと大根ときのことワカメの味噌汁

和なのか洋なのかどういう取り合わせなのかさっぱりわからん謎の献立と思われるでしょうが、どれも夫の好物でリクエストなのです(^-^;
気分よく、栄養バランスよく好物を食べてもらうのも、激務の夫にしてあげられる妻のささやかな愛情表現かなと。ちなみに私が料理をしている間も、夫は背後で英語と格闘しています。(ほんとお疲れ様…)                                                               
食後は桃を食べながら、ぼーっとテレビをみる。束の間のリラックスタイム。特別なことは何もないけど老夫婦のようなまったり感で隣に好きな人がいるのは悪くないです。
不特定多数にモテない30歳人妻でも、まぁいいかな。

明日からも、お互い元気に平日を過ごせますように。


※ちなみに、私が読んだtweetは、近著『 ぼくは愛を証明しようと思う』が話題の藤沢数希さんのものです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ