アラサーライター吉原由梨の 「ようやく大人 まだまだ女」

フリーライター/コラムニスト、吉原由梨のブログです。 Webサイトを中心に執筆しています。 都内の大学法学部卒業後、 ITメーカーOL→ 研究機関秘書職→ 専業主婦→ フリーライター兼主婦 日々感じること、ふとしたことからの気づきを綴っています。恋愛と結婚を含む男女のパートナーシップ、人間関係、心身の健康、家庭と仕事、グルメや読書の話など。美味しいもの、マッサージ、ふなっしー大好き。 Twitter:@yuriyoshihara こちらもお気軽に。

Twitter:@yuriyoshihara 

基礎

私は新卒で入社した企業を一年で辞めた。

原因はパワハラでもモラハラでもなく、外資系IT関連企業のスピード感とスケール感と業務量に、新人女子社員が体力的・気力的・能力的に追いつけなくて倒れた。ただそれだけのこと。

なので、企業側に落ち度は無く、むしろそこで叩き込まれた「学生から社会人になるための意識変革」がその後の仕事の役に立ってくれている。

 

◆徹底したコスト意識

入社直後の研修で叩き込まれたのは君たちはいまここに存在しているだけで会社にとってコストである」ということ。

研修を受けているだけで何も生み出さない社員に支払われる給料、企業が国に納める社会保険料、研修に必要な人件費、使用しているホールや会議室の光熱費、配布される資料の作成費、当然すべてコストである。

「一秒一秒、会社のコストを膨らませていることを十分に意識して、研修に励んでほしい。」

という初日の人事担当者の言葉をよく覚えている。

 

◆お金を「払う立場」から「もらう立場」へ

学生は、自分なり親なりが学費を支払って勉強している。が、就職すればお金をもらう立場だ。会社でやる作業は研修だろうがなんだろうが「お金をもらって」する作業である。悩むばかりで成果物を報告できない作業、長いばかりで結論の出ない会議などもってのほか。自分の行動が対価に値するものか常にチェックする。

大学生に毛の生えた程度の新入社員は、意識の180度転換を求められる。

 

◆納期に間に合わなければ0

仕事には納期がある。クライアントの満足度を高めるために仕事の質を高めたい、とどんなに熱心に作業に励んでも、納期に間に合わなければ何もしなかったのと変わらない。

学生の頃は、ちょっと締め切りをすぎたくらいなら熱意を示せばなんとかレポートを受理してもらえて、評価の対象にしてもらえたものだが、ビジネスシーンでそんなことが起きるのはまぁドラマの中くらいだろう。珍しいからドラマになるのだ。

「何が何でも納期は守れ。」

OJTで叩き込まれた。

 

***************************

 

どれも超基本的なことだ。これを読んだ方は、当たり前のことを何を今さら、と思う方が大半だろう。

 

でも、意外とわかっていない人にも遭遇する。

病気退職して、次の職場に就職したとき、おじさま方の意識のゆるさに度肝をぬかれた。守られない納期、着地点の設定なしに開始して結論の出ない無駄な会議に何度いらついたことか。

文化の違い、で片づけてしまえば良いだけかもしれないが、私は新卒でこの2番目の職場につとめていたら、一生上述の3点を明確に意識できなかったんじゃないかと思う。

そしてきっと、「お金をいただいてものを書く」ということも趣味の延長程度にとらえて、納期もぐだぐだな、ダメフリーライターの代表になっていたことだろう。

 

だから、基礎の基礎を叩き込んでくれた最初の職場にはとても感謝している。

 

にもかかわらず、何もできない「コスト」のまま退職してしまいもはや回収の見込みのない不良債権状態になってしまって、大変申し訳ない。

しかもそんな不良債権人間に、退職後2年くらい経った頃だろうか。内輪の飲み会をやるから来ないかと声をかけてくれた。せっかくなのでと図々しいのを承知で行ってみると温かく迎えてもらえ、「今はあたらしい職場でなんとかやってます。」と近況報告をし、四方山話で大盛り上がりした。そして驚いたことに、解散後にマネージャーから「吉原さん、もう一度一緒にやりませんか?その気があれば、私は本気で迎えますよ。」というメールをいただいたのだ。

……なんと懐の広い。むだに高学歴なくせに何も貢献しなかった人間に、もう一度来い、とはなかなか言えない。

また同じことになるのが怖かったので丁重にお断りさせていただいたが、この恩は一生忘れないと思う。

**************************

 

私がそこに社員として戻ることはもうないだろうが、いつか何かの形で恩返ししたい。その日を迎えるためにも、上述の3点をいつも頭の隅に置きながら今の仕事に励もう。

 


ということで、お仕事のご依頼まってます。(結局宣伝)

 

こんばんは。

すっかり、梅雨の合間の夏日ですね。
暑い……
でも洗濯物は乾くし、布団も干せるし、
何より日光を浴びられるのが嬉しい!!
心の安定には日光重要ですからね!


さて、
ライター業をはじめてまだ4ヶ月の私。
現在記事を書かせていただいているメディアは、比較的自由度が高く、内容も、文体も、メディアの方針から大きく外れていなければOKにしていただけます。あ、字数は決まっています。
初心者の私には、いきなり厳格なルールは少々プレッシャーなので、その環境がとてもありがたい。

でも一方で、不安にもなるわけです。
他のライターさんの記事を読んで、その共通項を見出だして、見よう見まねで自分の原稿を書く。
最近はインタビュー記事にも初挑戦しましたが、マニュアルなし、指導なし、のぶっつけ本番手探り。我流の極みです。(もちろん、たくさんのインタビュー記事には目を通して参考にしました)

そうこうしているうちに、自分の書くリズムのようなものを少しずつ掴めてきましたが、そうなったらなったで変な癖がついていないかが心配なのです。
基礎の基礎のところでおかしな癖をつけると、最初のうちはセンスやテクニックやネタの面白さでごまかせても、伸び白がないし応用が効きません。
これはライティングに限ったことではなく、勉強でもスポーツでも料理でも、同じことですよね。
(というより、他分野でほとんどそうだからライティングもそうだと予測していますw)


もともと、私の文章は「説明的、一文が長い、文章の長さに対して情報詰め込みすぎ」だそう。夫の指摘です。
「書くからには有益な情報を濃く書きたい!」と力むあまりそうなっていたようで、
ほとんどの読者がスマホ閲覧のメディアに寄稿するにしては、斜め読みしづらい、論文じゃないんだから、とも言われました。これまた夫。

ライターは自己満足の論文を書き上げるわけではなく、読者に伝わりやすい記事を書いてなんぼなので、自分のこだわりは一度横において、最近ではあえて
○情報量を少なめに
○一文を簡潔に
○文章のなかで根拠から結論まで完結していなくてもいいから、軽く読めるもの
を意識して書くようになりました。


でも、やっぱり納得がいかない。
異様な薄っぺらさを感じてしまう(^-^;

どうしたもんかなー、まだひよっこの今のうちに、ある程度どのメディアでも通用するであろう、ライティングの軸というか普遍的な基本を勉強したいなと思案していました。


そんなときTwitterでふと流れてきた情報で、
株式会社LIGのライターさんの「ライティングの基礎講座」という記事を発見!
何気なく覗いたら、これはいい!とてもいい!
文章をSVOCに分解することでレトリックの量を把握したり、6W2Hの要素がどれだけ含まれているかで情報量をはかったりと、ライティングのみならずビジネス文書にも使えるメソッドです。

他にもLIGさんのサイトには、勉強になりそうな記事が沢山。
これからしょっちゅう、お邪魔させていただきそうです。


もちろん私も、ライターはテクニックだけとは全く思っていません。むしろそれよりも、目の付け所、洞察力、聞く力、言葉選びのセンスや表現力、読んでいて心地よい文章のリズムなど、さまざまな定量的でない要素を駆使する仕事だと思っています。
でもやはり、基礎は大切です。
自分の文章を客観的に推敲する基準にもなります。

ということで、この偶然の出合いに感謝して、
自分の文章の分解・解体作業を始めようと思います。
もともと好きだったんです、英語や古典の品詞分解。(きもっ)
自分の文章がどう変わっていくか楽しみです☆
桜木花道だって基礎を大事にしてあんなに変わったし!!


それでは、また







↑このページのトップヘ