アラサーライター吉原由梨の 「ようやく大人 まだまだ女」

フリーライター/コラムニスト、吉原由梨のブログです。 Webサイトを中心に執筆しています。 都内の大学法学部卒業後、 ITメーカーOL→ 研究機関秘書職→ 専業主婦→ フリーライター兼主婦 日々感じること、ふとしたことからの気づきを綴っています。恋愛と結婚を含む男女のパートナーシップ、人間関係、心身の健康、家庭と仕事、グルメや読書の話など。美味しいもの、マッサージ、ふなっしー大好き。 Twitter:@yuriyoshihara こちらもお気軽に。

Twitter:@yuriyoshihara 

誕生日

嵐が過ぎたら、秋がくる。

昨夜は神宮外苑花火をみて、新さんまや秋茄子、桃を食べた。なんだか夏と秋の交替の儀式みたいだと思った。

季節が夏から秋へ移る9月は、ちょっと特別な月だ。誕生日を迎えるから、そしてなんとなく毎年心の断捨離をしているような気がするから。
暑さと高気圧で思考能力がにぶって、テンションにまかせてあれやこれやと楽しもうとする夏。夜がやたら楽しい夏。「夏は夜」と書き記した清少納言と私はきっと気が合う。夏の終りにはなんとなく人生がゆるんで、ふくれてる。
誕生日を迎えて少しずつ風が涼しくなってくると、そんなふくれた日常を静かに見つめるようになる。「これは夏と一緒にさよなら」「これには出会えてよかった。ずっとよろしくね」1つ歳をとった自分にとっても大切か、ほんとに好きか、意識的にも無意識的にもひとつひとつやんわりと確かめていく。

そうしないと、詰め込みすぎたクローゼットや押し入れみたいに、風が通らなくなって大事なものがカビちゃうから。



今年の仲秋の名月は、誕生日の3日後らしい。木曜日。平日か。
静かにお月見でもしよう。さっき清少納言と気が合いそうだと書いたけど、ほんとうは私は「をかし」より「あはれ」が心にしみ入る。

その頃も、いま大好きと思っている対象を、大好きと思ってるのかな。
月がきれいだね、って32歳なりたての自分に言ってあげられるかなぁ。


いまは嵐の前触れなのか、私の心も落ち着かないよ。


先日、誕生日を迎えました。31歳になりました。

小さい頃は家に友達を招いてお誕生会を開いたり、家族でケーキを食べたりしたものですが、
成長するにつれてそれも次第にあっさりしたものになり、
大学時代はいつも前期試験の最中で誕生日なぞどうでもよく、
働き始めるともはやただのありふれた一日です。

今年は運よく、誕生日が週末。
アラサーの誕生日の何がめでたいのかという気もしますが、しっかり誕生日気分を味わうことにしました。

といっても、食事に行くくらいで特別なことをするわけではないのですが、なんとなく節目を気持ちよく迎えたくて、前日には家中を掃除し、原稿も提出し、頭の中の「あれやってないぞリスト」を片っ端から片付けました。



◇◇◇◇◇新しい世界に足を踏み入れた30歳◇◇◇


すっきりした気持ちで30歳を振り返ると、あっという間だったなと思うと同時に新しい世界が開けた年でもありました。
私は数年間、完全な専業主婦として暮らしてきましたが、30という年齢にいろいろと考えるところがあり様々な可能性をさぐっていたところ、webで記事を書くという思ってもみなかった道に足を踏み入れることになり、幸いいまも続けさせていただいています。

専業主婦がいやな訳ではないのです。体調に少々難のある私はいまフルタイムの仕事を持つのはハードですし、独身時代の仕事に疲れていた私に専業主婦という選択肢を提示してくれた夫に感謝しています。
でも、主婦業だけでなく何かをさらに生産したくなったというか、ありきたりですが社会との接点が欲しくなりました。
またあと10年経てば40です。そのとき「30代、いったい私は何をやっていたんだ?」と思いたくない、と強く感じました。子供がいれば間違いなくその答えは「子育て」でしょうが、我が家には子供がいません。となると、何か勉強するか、働くか…と考えるにいたったのです。

誤解の無いように付け加えますが、専業主婦が何も生産しないという意味では決してありません。家族のために家を整え、料理をし、家計を管理し、家の一切を取り仕切る。非常に価値のある仕事だと思います。休みもありません。
ただ単に、私が昔から欲張りな性格で、夫婦二人ぶんの家事をして余る時間を、もっと生産的に使いたい、精神の充足につながりそれが家計をたすけられれば尚よし、と思ったにすぎません。


そんな経緯で始めた「書く」仕事は、ことのほか面白く、脳のこれまで眠っていた部分を刺激してくれます。
自分の書いた文章をネットを通して1万人以上の人が読むという事実に震えたこともありましたが、「社会との接点」という当初の目的に敵っていると思います。



◇◇◇◇◇新しい一年の課題◇◇◇◇


こうして得られた有り難い仕事を、はあちゅうさんの言葉を借りればどう「進化と深化」させていくかが、31の課題でしょうか。

あと精神年齢を生物学的年齢に追い付かせること。

見た目年齢を進行させないこと。(切実)

そして、友人関係を大切にすること。

この歳になると友人それぞれ皆生活がまちまちで、女性は特に仕事、家事、育児、介護、どの組み合わせをこなしているかでそれぞれ興味も事情も変わってきます。色んなパターンの女性の見解を見聞きするとやはり違う立場だと理解し合うのが難しかったり、となりの芝生が青く見えたりするものだなと難しさも感じますが、お互いピリピリしたり疎遠になったりするのではなく「女」という大きい括りで想像力と寛容さをもって助け合えればいいのになぁなんて、そんなことを感じるのです。
幸い、それが叶っている友人が(多くはないですが)いるので、彼女らとの繋がりを大切にすることでしょうか。


最後にひとつ、簡単に人を信用しない(笑) 
物騒ですが、仕事をするようになり、Twitterもはじめて、リアルでもネットでも世界が広がれば接する人の数も増えます。私は基本性善説ですし人間関係は「良識」と「信頼」に基づくと信じていますが、世の中そんな人ばかりじゃないよなと改めて横っ面をはたかれるような体験が数件ありました。
そこまで大袈裟ではなくても、プロトコルの違う人間は山ほどいるのだと。
頭で分かっているのと、実際に経験するのとでは随分違いますからね。いい薬です。もういい大人なので、世の中には有象無象が溢れていることを肝に命じます。


穏やかに、(日々を丁寧に、心穏やかに)
健やかに、(健康第一)
しなやかに、(いやな人はかわす、純粋に傷つかない)
美しく、(内面も、できれば外見も)



そんな31歳の年輪をしっかり刻もうと思っております。


それでは、今夜はこの辺で♡



↑このページのトップヘ